偏 差 値 15アップ の た め の 学 習 塾
     リ ト ル ア メ リ カ 教 育 セ ン タ ー
イベント | 地図及び場所 | お問い合わせ | サイトマップ
トップページ 偏差値15UP 教材は命 浪人は楽しい 合格体験記 リトルの数学 リトルの小・中学生
リトルアメリカ教育センターリトルアメリカ英語教育センター
●中津校
TEL:0979-22-4761
●大分校
TEL:097-560-4235

浪人はチャンス
とても不可能と思える大学に挑戦しよう



■とても不可能と思える大学に挑戦しよう

■とても不可能と思える大学に挑戦しよう

 人間にはさまざまな生き方があります。
‘行ける大学’へ行く人と、“とても合格できそうもない大学”を望む人がいます。
現役で合格するのがいいのか、浪人しても、夢にみた大学へいくのがいいのかは、その人の考え方にあります。

もしあなたが浪人しても、現役ではとても合格できそうもなかった大学に合格できるとすれば、それは、素晴らしいことではありませんか。

むしろチャンスでもあるのです。

 一般には、浪人しても偏差値は4〜5しか上がらないと言われています。
しかし、もし効率よく勉強するなら、偏差値は15以上も上がります。
別府大付属高校から、一浪の後、明治大学へ合格した学生がいます。
彼は、3年時、40台の偏差値から浪人を始めましたが、明治大学へ合格したのです。
浪人して“新しい人生が開けた”というのが彼の実感ではないでしょうか。


■受験の幅を広げてはいかがですか。
 多くの学生が、ただやみくもに国立大学を志望します。
九大から東大の間には多くの優秀な私立大学があるのに、ただひたすら国立大学を志望するのは何故なのでしょう。
もしあなたの数学の成績が抜群なら、それも正しい選択です。
しかし、もしそうでないなら、科目をしぼることも大切な戦略ではありませんか。
私が残念に思うのは、この戦略が欠けているということです。

 まず、勉強を始める前に、どのような作戦で入試を戦うかを考えなければなりません。
かなり勉強したのに不合格だったとしたら、始めに立てた戦略が間違っていたということになるのです。

例えば、桶に水を入れるのに、中に穴があいているかどうかを確かめないで水を入れたとしたら、何杯水を入れても何の効果も上がりません。
ただひたすら努力をすればいいというわけではないのです。
たしかに勉強することは大切ですがそれ以上に大切なことは効果の上がる勉強をするということです。

一番簡単なしかも、最悪の例があります。それはーー入試の科目にないものを勉強したりすることです。こんなことは絶対に避けなければなりません。

しかしーー
「入試には必要ないけど、大きな意味で人生に必要でないものはないのだーーと言われてやはり地理をやっているのだけど、先生、どう思いますか」
などと相談にくる高校生が多いのです。

そんなとき、
「ボクシングの試合に出るのに、相撲の練習ばかりしていて、試合に負けて、何故負けたのだろうと言ったとしたら、その人間はバカじゃないか」
と言う事にしています。
こんなことはあまりに簡単な例で、よもや浪人をしようというあなたには関係ないことでしょうが、すべてのことを効率よく考える必要があります。

 そうですーー今、あなたが、真剣に考えなければならないのは、この効率――すなわち、どう戦うかの戦略なのです。
高校の一年生ならともかく、あなたには一年しかないのです。
もし始めの戦略が間違っていたなら、一年間の努力が水泡に帰すのです。これは、もっとも恐ろしいことではありませんか。

■何故そんなに成績が上がるのか
 よく、リトルでは何故そんなに成績が上がるのかと言われます。
それはやり方にあるのです。
一般的にはただ授業で教えるだけが多いのです。
もちろん授業も大切ですが、ただ授業を聞くだけで成績が上がると思っているなら、それは大間違いです。
授業を聞いて理解できたとしても、人間はすぐ忘れてしまいます。
やはり、繰り返しテストしなければ知識は定着しません。
リトルアメリカでは、毎日テストを行い、一週間分を日曜日にテストします。
このテストに合格して行けば、必ず目標大学に合格できるようになっています。

リトルアメリカの浪人生は10人−20程度の小人数ですが、それでも各自に実力の違いがあります。
従って、このテストは個人の力に合わせて決定します。
一週間に一度、生徒と先生で、必ず話し合いをして、自分にできる量を決め、やってみて不可能なら減らしていき、また増やしたりもします。

要するに私たちは、あなたがたのぺ−スメーカーでなくてはならないのです。
どの程度をどのようにこなしていくかを毎週、毎週話し合って、勉強のぺ−スを作って行くのです。
ただ教えるだけで、あなたたちの成績はけして伸びません。
他ではあまり行われていない、このようなきめこまかな努力にこそ、合否を決める秘訣があるのです。

 さらに、一年間の浪人生活の中では、不安に襲われ、そのため全然勉強が手につかない時期もあります。
そんな時、もっとも大切なのは、そんな悩みを話し合える場所があるのかということなのです。

 日曜日の週末テストに合格してゆくのは大変ですが、しかし、合格した後には、みんなで鍋をかこんだり、ケーキを食べながら、お互いの悩みを語り合うのです。
だから、多くの学生が浪人時代は苦しかったけど、結構楽しかったと言うのです。ある慶応に合格した学生が、「浪人時代は結構楽しかったから、もう一浪しても平気だ」と言ったら、友人から「そんな予備校など聞いたこともない」と言われたそうです。

 もう一人、偏差値50台から、早稲田に合格した学生が次のように言っています。
「一年先の受験のことを頭に焼き付けて努力することが大切なのだけど、人間なかなか一年先のため毎日、毎日自分を鼓舞していくことは不可能だ。だけど、週末テストだけクリアーすればいいと考えて、毎日を努力することはすごく簡単だった。そして、ただそれだけで合格できたのだから、他の精神的不安はなかった。」
 ぺ−スメーカーの大切さがおわかりいただけますか。


■今の自分の成績で自分を固定的に見ていませんか
 多くの学生が、現在の成績で自分の将来を決めてしまいます。
そして、行ける大学に行ってしまうのです。

大切なことは、現在の自分の成績より、自分の行きたい大学を目指すことです。
偏差値を20程度伸ばせば、どんな大学にも合格できるではありませんか。

「そんなことできるはずがない・・・」多くの学生がそう思っています。

そこで思い出して下さい。
リトルアメリカでは、約半数の学生が一年の浪人で、偏差値10〜20伸ばしているのです。
これは、偏差値を10以上伸ばすということが奇跡ではないということを示しています。

「自分にできるはずがない」と思い込んでいることこそ、一番の大敵なのです。


 青春は夢をもつことではありませんか。
できそうもない夢を持って、それに挑戦することではありませんか。
これこそ若さの特権なのです。
若いあなたが夢を持てないとしたらこんな悲しいことはありません。
自分が本当に行きたい大学を目標にして、今こそがんばるのです。

そして、けして諦めてはいけません。

勝負は終わってしまうまで結果を予測することはできないのです。
多くの人が模試の結果を見て、「もう駄目だ」と志望大学を下げて行きます。

しかし、今、あなたがけしてやってはいけないことはこのことなのです。

けして、志望大学を下げずにどこまでもそれに向かって行って下さい。
そうすれば、必ず合格できます。





メニューへ戻る